診療内容

鼻の病気一覧

急性鼻炎
いわゆる“鼻カゼ”の状態です。ウイルス感染などによる軽度の鼻水、鼻詰まりの場合は、鼻水止めや粘膜機能改善薬を用いて治療しますが、ばい菌感染などが合併し、色のついた鼻水が出はじめると、抗生剤を用いて治療を行う方が一般的に治りが早くなります。急性鼻炎が悪化すると急性副鼻腔炎に発展してさらに治りが悪くなる場合があります。クリニックで行えるネブライザー治療も、鼻腔内だけに高い濃度の薬を送ることができる、効果の高い治療法です。
アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎には、ある種のアレルギー物質(抗原)が原因で鼻水、鼻詰まりなどの症状が起きる場合と、原因物質が特定できず、気温や体調の変化に伴って症状が起きる場合があります。また一年中症状の続く通年性アレルギー性鼻炎や、スギ花粉症などのある特定の時期に症状が起きる季節性アレルギー性鼻炎があります。採血検査や生活習慣などから原因物質が特定できる場合は、その物質に接触しないようにすることにより症状のコントロールが出来る場合があり、アレルギー性鼻炎の重要な治療法の一つになります。抗アレルギー薬は効果が高い物ほど眠気が出やすい傾向がありますが、薬の種類は多岐にわたり、患者様それぞれにあった薬がありますのでご相談ください。
薬剤性鼻炎
鼻詰まりに対して、粘膜の血管を収縮させる働きのある点鼻薬を使い続けることによって起こる病気です。この病気が発症してしまった場合は、血管収縮薬の使用を中止するか、使用薬を徐々に他の薬剤に切り替えていき、血管収縮薬の使用頻度を減らしていくことが必要なります。鼻詰まりに対しては、抗アレルギー作用のある飲み薬、ステロイド、血管収縮薬をうまく使い分けて治療を行う必要があります。血管収縮薬は鼻詰まりに対して最も即効性のある治療薬ですが、使用法にはバランスが重要であり、医師と相談しながらの治療が大切になります。
急性副鼻腔炎
急性鼻炎が悪化し、鼻の奥にある副鼻腔にまで炎症が及び、鼻水、鼻詰まり以外におでこやほほに痛みが出てしまう状態をいいます。子供では鼻の中と副鼻をつなぐ仕切りが未発達であるために、大人と比較し急性鼻炎から急性副鼻腔炎になりやすい傾向があります。慢性副鼻腔炎と異なり、抗生剤や鼻水止めを使うことにより速やかに改善する場合が多いです。
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
副鼻腔炎の状態が3ヶ月異常継続する場合、慢性副鼻腔炎と呼びます。鼻水、鼻詰まりに加え、おでこやほほの鈍い痛み、鼻水が後ろから喉に落ちる(後鼻漏)などの症状が出ます。経過が長い分、急性副鼻腔炎と比較して治るのに時間がかかる事が多いです。抗生剤を通常の半分の量にして2、3ヶ月間連続して飲む治療(マクロライド少量長期投与療法)を行うことにより80%の方が治癒します。鼻茸があると慢性副鼻腔炎を薬だけで治すのは困難な場合があります。薬で根治出来なかった場合は、ネブライザー治療や抗生剤以外の薬で症状のコントロールを行ったり、手術療法が必要になります。
歯性上顎洞炎
奥から2、3番目の上の歯で虫歯(歯根部感染)を起こし、その炎症が上顎洞(副鼻腔の中で、ほほの裏側に当たる場所)に及ぶことで歯性上顎洞炎が発症します。虫歯の治療後に片側のほほが長期にわたって鈍く痛み、副鼻腔炎のような鼻水、鼻詰まり症状が継続することで病気が疑われます。治療は歯科治療のみでよい場合、耳鼻科治療のみでよい場合、両方の治療が必要になる場合と患者さんにより様々であり、歯科と連携して治療に当たる必要があります。
副鼻腔真菌症
鼻の奥にある副鼻腔にカビがついてしまい、慢性副鼻腔炎と同じ症状を起こします。レントゲン写真で炎症によってできた影の部分が極端に偏っていたり、鼻腔内にカビの塊を認めることによって診断されます。慢性副鼻腔炎と異なり、飲み薬での完治は一般的に難しく、手術療法によってカビを物理的に取り除く必要があります。副鼻腔真菌症を放置していると、やがて血管や周辺の組織内にカビがしみこんでくる浸潤性副鼻腔真菌症に発展することがあり、手術によって完全に治してしまうことが望ましい病気といえます。
鼻茸(鼻ポリープ)
慢性副鼻腔炎などにより鼻内の炎症が長期間に及び、鼻の粘膜が徐々に腫れ上がり、副鼻腔から鼻腔内(鼻の中を覗いて見える場所)に粘膜が飛び出してきてしまったものを鼻茸といいます。鼻茸が大きくなりすぎると鼻の中を占拠してしまい、鼻詰まりを起こしてしまう事もあります。飲み薬や点鼻薬によりある程度ポリープを収縮させることは出来ますが、病気の程度が強い場合は鼻茸を切り取ったり、大元にある慢性副鼻腔炎の手術的な治療をしないと治療が困難な場合もあります。
鼻中隔弯曲症
左右の鼻を隔てる仕切りの部位を鼻中隔と呼びますが、それが極端に曲がり、鼻詰まりの原因となる場合を鼻中隔弯曲症と呼びます。鼻中隔は7、8割の人で成長とともに自然と曲がりますが、鼻詰まりなどの症状がない場合は特に治療の必要はありません。鼻中隔弯曲症が強く、高度の鼻詰まりがあり、薬の治療で十分な効果が得られない場合は、下鼻甲介にレーザーを当てて、鼻の空間を広げる治療を行うか、鼻中隔を矯正する手術療法が必要になる場合があります。
鼻出血症
鼻の中は粘膜の比較的浅いところに太い血管があったり、乾燥により粘膜が傷付きやすかったりなどで、特に大きな病気がなくても出血を起こしやすい場所です。左右の鼻の仕切りである鼻中隔の前端部をキーゼルバッハ部位と呼びますが、鼻出血の90%はそこからの出血です。小鼻をつまんで圧迫したり、あまり頻回に繰り返す場合はガーゼを使った麻酔を行い、鼻の粘膜を焼くことにより止血を行います(電気凝固止血術)。また鼻水が出ていたりすると出血も起こりやすくなるため、鼻水の治療を行うことが鼻血の治療になります。ごく稀に血が止まりにくい病気の症状として現れることがあり、その場合採血による精密検査を行います。
鼻腔異物
鼻内に異物が入り混んだ状態です。外耳道異物と同様に、子供が遊んでいて鼻の中におもちゃなどを詰め込んでしまうことがあります。痛みを訴えて周囲の大人が気づくこともありますが、気づかれずに数日間経過すると、鼻内で炎症を起こし、黄色い鼻水が出てくることもあります。耳鼻科で異物を摘出し、炎症が治まれば速やかに治ります。
嗅覚障害
嗅覚障害の原因としては、慢性副鼻腔炎などの鼻の慢性炎症に伴うもの、ウイルス感染による感冒など鼻の急性炎症に伴うもの、稀ですが脳に異常がある場合に起こるものなどに大別されます。原因によって治療法は異なりますが、鼻の炎症のコントロールや、においの神経を回復させる薬などを用いて治療を行います。
鼻前庭湿疹
鼻の入り口で炎症が起こり、そこを触ることでさらに悪化する一種の皮膚炎です。鼻水が出ている時に鼻をかみ続けたり、鼻をこすり続けたり、鼻毛抜きをする事で起こる事があります。ばい菌感染が疑われる場合は抗生剤を使用し、湿疹がある場所に軟膏を塗り、それ以上触らないことで治る場合が多いです。
鼻せつ
鼻前庭湿疹が皮膚だけの炎症であるのに対し、皮膚の下の結合組織にまで炎症が及ぶと鼻せつとなります。鼻の中を清潔に保ち、抗生剤の内服、軟膏を使用することにより治癒が得られますが、治りが悪い場合は点滴の治療を行ったり、繰り返す場合は糖尿病などの基礎疾患がないかどうか確認する必要があります。
副鼻腔乳頭腫
鼻の粘膜でヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが感染を起こすことにより、鼻の中にできものを作ってしまう病気です。病気の初期ではあまりはっきりとした症状を起こしませんが、できものが徐々に大きくなってくると、鼻水、鼻詰まりや頭痛、鼻水に血が混じるなどの、慢性副鼻腔炎に似た症状を起こしてきます。レントゲン検査や鼻の組織検査で病気を疑うことができます。この病気が見つかった場合は、ごく稀に悪性化することがあり、手術療法による完全な除去が必要になります。
副鼻腔悪性腫瘍
鼻の奥にある副鼻腔でおこる悪性腫瘍です。耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍では比較的まれな病気になります。中高年以上の方で、片方の鼻から少量の鼻血が数週間以上に渡って出る時は、この病気も考えながら診察を行う必要があります。治療は手術療法、化学療法(抗がん剤)、放射線療法を組み合わせた治療(三者併用療法)が必要になる場合があります。
ウェゲナー肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)
自分の血管を自分自身の免疫系(ばい菌などの異物から自己を守るシステム)が攻撃してしまう一種の免疫疾患であり、鼻や耳、肺、腎臓に障害を起こします。鼻血や鼻詰まり、耳の詰まり感など、耳鼻科領域の症状がまず最初に現れやすいため、耳鼻咽喉科においても重要な病気の一つです。血液検査によりこの病気を高い確率で診断でき、薬の治療をしっかりと行えばほとんどの患者さんで病気の完治が期待できます。早期発見が大切な病気です。

奏の杜耳鼻咽喉科クリニック

  • ● 習志野市 津田沼駅南口より 徒歩6分
  • ● 所在地
    〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜3-3-17
  • ●TEL:047-403-2226