ごあいさつ

 このたび千葉県習志野市奏の杜に“慈奏会 奏の杜耳鼻咽喉科クリニック”を開院させて頂くことになりました。慈奏会 奏の杜耳鼻咽喉科クリニックでは、新生児から小児、成人、ご年配の患者様まで幅広く診療を行ってまいります。耳・鼻・のど・めまい・いびき・無呼吸でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。

 当院は小児耳鼻咽喉科診療にも重点を置いてまいります。小児期における耳・鼻・のど・いびき・無呼吸などの病気を適切に治療しないと、大人になって様々な症状に悩まされることがあります。お子様の軽微な症状でもご相談いただき、適切な治療方針をご家族様ととともに決めていきたいと考えています。お子様の健やかな成長にお力添えをさせて頂きます。

 また当院は成人のいびき・無呼吸の診断、治療にも積極的に取り組んでいきます。いびきや無呼吸を治療しないで放置しておくと、日中の強い眠気が現れたり、生命に係わる様々な疾患を引き起こすことが分かっています。いびき・無呼吸でお悩みの方、また周囲からご指摘を受けた方、一度当院でご相談下さい。適切な治療方針を患者様とご一緒に検討していきたいと思います。

 地域の皆様がより安心でき、皆様の「かかりつけ医院」となれるよう日々努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

本当によいクリニックとは?

aaa

 “本当によいクリニック”とは、どのようなクリニックでしょうか?
 患者様のご病気や疾患に対し、クリニックに出来る最大限の医療を提供させて頂くことはクリニックの役割として当然のことと思いますが、果たしてそれだけでしょうか? 当クリニックを開院させて頂くまでの長い期間、この命題に対する答えを求め、関連書籍を読んでは自問自答を繰り返して参りましたが、患者様から慕われ、繁栄していくクリニックにはある一定のルールがあるようです。

 そのルールとはすなわち、繁栄していくクリニックには院長とスタッフが共有する共通の“仕事観”があり、全員が一つの方向に向かって突き進むための指標となる“医療理念”がしっかりと存在しているということです。

 “本当によいクリニック”を実現させるため、クリニックを開院するにあたり当院の医療理念となる“4つの誓い”を定めました。

 クリニックの基本的価値観となるその“4つの誓い”は揺るぎないものであり、時代の流れや経済環境に左右されるものではありません。“4つの誓い”は院長、スタッフにとってあたかも地平線の上で永遠に輝き続ける星のようなものであり、何世紀にも渡って私たちを導く道しるべとなります。

 皆様から必要とされ、愛され続けるクリニックであるように、輝く一等星を目指してその歩みを止めることなく、終わりのない取り組みを行って参ります。

院長紹介

【職歴】
2004年3月
東京慈恵会医科大学 卒業
2004年5月
東京慈恵会医科大学附属第三病院
2006年4月
東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室 入局
2007年1月
東京慈恵会医科大学附属柏病院耳鼻咽喉科
2008年1月
東京歯科大学市川総合病院耳鼻咽喉科
2011年1月
太田総合病院耳鼻咽喉科・太田睡眠科学センター
2013年6月
奏の杜耳鼻咽喉科クリニック開院
2009年9月~ 
東京慈恵会医科大学附属病院耳鼻咽喉科 滲出性中耳炎専門外来担当
2008年1月~
東京歯科大学市川総合病院いびき無呼吸専門外来、CPAP専門外来担当
2011年1月~ 
太田睡眠科学センター CPAP専門外来、睡眠時無呼吸症候群判定外来担当
【資格】

日本耳鼻咽喉科学会専門医 第12006号
日本睡眠学会認定医 第0407号
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医 第4657号
厚生労働省補聴器適合判定医
身体障害者福祉法第15条指定医(聴覚障害)
日本めまい平衡医学会認定めまい相談医 第0507号

【所属学会】

日本耳鼻咽喉科学会・正会員(学会専門医)
日本小児耳鼻咽喉科学会・正会員
日本睡眠学会・正会員(学会認定医)
日本耳科学会・正会員
日本アレルギー学会・正会員
日本めまい平衡医学会・正会員(学会認定めまい相談医)

【家族構成】

妻と子供4人

【テレビ出演】

Letters ~感謝の手紙~:テレビ東京

【手術症例数】
鼓膜換気チューブ留置術300件以上
内視鏡下鼻副鼻腔手術(鼻ポリープ切除術含む)224
下鼻甲介粘膜切除術(レーザー焼灼術含む)232
鼻中隔矯正術175
鼻骨骨折整復術40
後鼻神経切断術16
蝶口蓋動脈焼灼術13
眼窩吹き抜け骨折観血的整復術12
口蓋扁桃摘出術290
アデノイド切除術174
口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(いびきの咽頭形成術)29
いびきの咽頭焼灼術12
気管切開術27
耳下腺腫瘍摘出術15
甲状腺腫瘍摘出術13
顎下腺摘出術10
声帯ポリープ切除術(直達鏡による)16
先天性耳瘻管摘出術9
リンパ節摘出術15
その他
合計1800件以上

研究業績

【講演】
●小児滲出性中耳炎の手術適応・治療戦略

J-KENT講演会 横浜ロイヤルパークホテル (2012.06)

●睡眠時無呼吸症候群の手術療法について

市民公開講座 モリシアホール (2014.03、2015.03)

●小児の罹患しやすい耳鼻咽喉科疾患

保育所職員職種別研修(保健会)耳鼻咽喉科講演会 (2015.07)

【学会発表・主発表】
小児滲出性中耳炎のチューブ抜去時蜂巣発育度と予後との関係

山本耕司、内水浩貴、近藤悠子、森山 寛
第22回日本耳科学会 名古屋 (2012.11)

●当科における睡眠時無呼吸症候群に対する手術療法の検討

山本耕司、森本宰充、吉田隆一、中島庸也
東京歯科大学創立120周年記念学術講演会、第289回東京歯科大学学会 2010

●難治性中耳炎にて発症したWegener肉芽腫症の一症例

山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也
第73回日耳鼻千葉県地方部会学術講演会 千葉 (2008.06)

●上顎に発生した歯原性粘液腫の一症例

山本耕司、加藤孝邦、鴻信義、吉村剛
第174回日耳鼻東京都地方部会学術講演会 2006 

幼児滲出性中耳炎のチューブ抜去後経過に影響を及ぼす因子

山本耕司、内水浩貴、近藤悠子、森山 寛
第21回日本耳科学会 沖縄 (2011.11)

●顔面腫脹、視力障害、頭痛を呈し、急性副鼻腔炎を疑われた一症例

山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也
第74回日耳鼻千葉県地方部会学術講演会 千葉 (2009.01)

●めまいを主訴としたアーノルドキアリ奇形の一症例

山本耕司、富谷義徳、添田一弘、月舘利治、飯野孝、小森敦史、澤田弘毅
第71回日耳鼻千葉県地方部会学術講演会 (2007.06)

【学会発表・共同発表(抜粋)】
成人発症の滲出性中耳炎と乳突蜂巣発育度との関係

内水浩貴、山本耕司、森山寛
Otology Japan(0917-2025)20巻4号 Page661(2010.09)

睡眠時無呼吸症候群に対する歯科医療の関わり 閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する顎矯正手術の適応に関する考察 顎を前方移動させれば良いのか?

外木守雄、佐野智恵美、森下仁史、有坂岳大、森本宰充、山本耕司、吉田隆一、中島庸也、大櫛哲史、佐藤一道、山根源之
歯科学報(0037-3710)110巻3号 Page410(2010.06)

顎矯正手術に伴う咽頭気道の変化について―下顎枝内面の骨膜剥離前後での変化について―

佐野智恵美、有坂岳大、森下仁史、塚本裕介、佐藤一道、外木守雄、山根源之、山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也、大櫛哲史
Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009 Page:154

●メビウス症候群における終夜睡眠ポリソムノグラフ検査(PSG)の経験

大川登史、迫田和彦、佐野奈津子、山本耕司、中島庸也、大櫛哲史、千葉伸太郎. 日本睡眠学会第33回定期学術集会 福島 (2008.06)

顎矯正手術に伴う咽頭気道の変化について 遠位骨片の骨膜剥離前後での比較

佐藤一道、外木守雄、佐野智恵美、有坂岳大、森下仁史、塚本裕介、山根源之、山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也、大櫛哲史
日本顎変形症学会雑誌(0916-7048)18巻2号 Page120(2008.05)

●慢性副鼻腔炎における睡眠障害についての検討ーマクロライド療法の治療効果ー

飯村慈朗、千葉伸太郎、渡邊統星、山本耕司、新井千昭、太田史一
第50回日本鼻科学会総会・学術講演会 岡山 (2011.12)

睡眠時無呼吸症候群における耳鼻咽喉科手術の現況とその将来

中島庸也、吉田隆一、山本耕司、森本宰充
歯科学報(0037-3710)110巻3号 Page420(2010.06)

●頬粘膜脂肪体(BFP)により再建を行った口蓋腫瘍摘出の一症例

森本宰充、山本耕司、吉田隆一、中島庸也
第77回日耳鼻千葉県地方部会学術講演会 千葉 (2007.06)

●嚥下障害をきたした粘膜優位型尋常性天疱瘡,ラミニン332型粘膜類天疱瘡を伴う水疱性類天疱瘡の2例

長谷川直紀、松村真太郎、浮地賢一郎、高田篤史、森本光明、外木守雄、山本耕司、吉田隆一、中島庸也、高橋愼一、山根源之
第19回日本口腔粘膜学会総会 神奈川 (2009.06)

●口腔内装置の使用困難症例に対する工夫-レジン製口腔内装置離脱症例へのシリコーン製口腔内装置の適応-

有坂岳大、佐野知恵美、大西雄英、森下仁史、塚本裕介、佐藤一道、外木守雄、山根源之、山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也、大櫛哲史、千葉伸太郎
日本睡眠学会第33回定期学術集会 福島 (2008.06)

顎矯正手術前後における睡眠呼吸状態の変化に関する検討 特に上顎の移動が及ぼす影響について

外木守雄、佐野智恵美、有坂岳大、森下仁史、塚本裕介、佐藤一道、山根源之、山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也、大櫛哲史、千葉伸太郎
日本顎変形症学会雑誌(0916-7048)18巻2号 Page160(2008.05)--

【主著論文】
幼児滲出性中耳炎のチューブ抜去後経過に影響を及ぼす因子

山本耕司、内水浩貴、近藤悠子、森山寛
Otology Japan(0917-2025)21巻4号 Page439(2011.10)

めまいを主訴としたArnold-Chiari奇形の1症例

山本耕司、富谷義徳、添田一弘、月舘利治、飯野孝、小森敦史、澤田弘毅
耳鼻咽喉科展望(0386-9687)51巻2号 Page104-109(2008.04)

めまい、頭痛、および急性感音難聴を初期症状とした髄膜癌腫症の1症例

山本耕司、中島庸也、貝田将郷、宮内潤、吉田隆一、小林小百合、北原大翔
Otology Japan(0917-2025)21巻1号 Page52-59(2011.02)

上顎に発生した歯原性粘液腫の1症例

山本耕司、加藤孝邦、鴻信義、吉村剛
耳鼻咽喉科展望(0386-9687)51巻3号 Page140-144(2008.06)

【共著論文(抜粋)】
好酸球性副鼻腔炎の治療中に発症したChurg‐Strauss症候群の2症例

新井千昭、飯村慈朗、渡邊統星、山本耕司、宇野匡祐
耳鼻咽喉科展望 巻:55号:2ページ:99-104(2012.04)

成人発症の滲出性中耳炎と乳突蜂巣発育度との関係

内水浩貴、山本耕司、森山寛
耳鼻咽喉科展望(0386-9687)53巻5号 Page280-286(2010.10)

無歯顎高齢者の閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対し口腔内装置を用いた治療の1例

塚本裕介、佐野知恵美、大西雄英、森下仁史、有坂岳大、佐藤一道、外木守雄、山根源之、山本耕司、小林小百合、吉田隆一、中島庸也
老年歯科医学(0914-3866)23巻2号 Page187-188(2008.09)

鼻科領域におけるShort endoscope(Semi〉igid型)の使用経験

飯村慈朗、千葉伸太郎、渡邊統星、山本耕司、新井千昭、宇野匡祐、太田史一、鴻 信義
耳鼻咽喉科展望 巻:55 号:5 ページ:383-385(2012.10)

内視鏡下鼻内副鼻腔手術におけるパッキングについての検討

飯村慈朗、千葉伸太郎、渡邊統星、山本耕司
日本耳鼻咽喉科学会会報 巻:115 号:4 ページ:484(2012.04)

嚥下障害をきたした粘膜優位型尋常性天疱瘡、ラミニン332型粘膜類天疱瘡を伴う水疱性類天疱瘡の2例

長谷川直紀、松村真太郎、浮地賢一郎、高田篤史、森本光明、外木守雄、山本耕司、吉田隆一、中島庸也、高橋愼一、山根源之
日本口腔粘膜学会雑誌(1341-7983)15巻2号 Page116-117(2009.12)

多発性硬化症との鑑別が困難であったシェグレン症候群の72歳女性例

牧野陽二郎、橋本昌也、山本耕司、内山威人、豊田千純子、持尾聰一郎
東京慈恵会医科大学雑誌(0375-9172)122巻6号 Page335(2007.11)

奏の杜耳鼻咽喉科クリニック

  • ● 習志野市 津田沼駅南口より 徒歩6分
  • ● 所在地
    〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜3-3-17
  • ●TEL:047-403-2226