院長・スタッフブログ

blog
スタッフ

スギ(シダキュア)舌下免疫療法の経過

以前子供の舌下免疫療法の継続の仕方について少し書かせていただきました。

その後の経過と症状について少し書かせていただけたらと思います。

スギ花粉の時期には、夜鼻が詰まってなかなか眠りにつけずに、鼻を思いっきりかんだり、枕に鼻をこすりつけたり。

寝たかと思うと口が開いて口呼吸で眠っていました。

朝も、大量の鼻汁を出すところから始まり、学校から帰ると鼻うがいをするのが日課でした。

それが、スギ舌下免疫療法を始めて、初めてのスギ花粉の時期を迎えたところ、

効果が顕著にありました。

鼻症状が全くないです。強いて言うのであれば、スギ花粉の時期に比べて鼻をかむ頻度は少し多めですが、

上記に書いていた症状が全くなく、生活の質が格段にあがりました。

昆虫採集が大好きな子なのですが、日中に一日中山

の中で昆虫を追っかけていても、その夜に鼻の症状がない。というのは、本当に幸せなことです。

お子様の診療中や、アレルギー検査中にも花粉の時期、または花粉の時期にかかわらず鼻症状があり困っている親御様の話を聞きます。

まだアレルギー検査をされていない方は、是非検査をしてみることをお勧めします。

そして、舌下免疫療法の適応がありましたら、ぜひ治療スタートのご予約ください。

毎日薬を内服しないといけない。内服の前後2時間での運動制限(お風呂制限)がある。

部活が忙しくてなかなかクリニックに定期的に受診ができない。

などなど、治療を継続するにあたっても弊害となることもあるかと思います。

どうぞ看護師含めスタッフにご相談ください。

生活のスタイルにあったら治療を一緒に考えていけたらと思っております。

奏の杜耳鼻咽喉科
千葉いびき・無呼吸クリニック
●習志野市 津⽥沼駅南⼝より 徒歩6分
●〒275-0028
 千葉県習志野市奏の杜3-3-17
●TEL:047-403-2226
お問い合わせ
TEL
予約専用
TEL
インターネット予約
診療状況確認