そのいびき、
そのままで大丈夫?

Greeting

山本耕司

山本耕司


⽇本睡眠学会専⾨医

日本睡眠学会専門医 山本耕司
いびきの治療⽅針、
それで本当に⼤丈夫ですか?

いびき・無呼吸を主な症状とする睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、重症の⽅だけでも国内に300万〜400万⼈いるといわれており、そのうち適切な医療を受けているのはわずか40万〜50万⼈程といわれています。
また⻑く睡眠医療に係わる中で、睡眠時無呼吸を適切に診断し、複数ある治法の中から適切な治療法を提⽰できる医療施設の少なさも感じています。

睡眠時無呼吸症候群は無治療でいると、脳梗塞、⼼筋梗塞、癌などの致死的な病気の引き⾦になるといわれており早期の正確な診断と治療が求められます。当クリニックでは睡眠医療に関する⻑きに渡る経験と、これまでに培われた医療ネットワークを⽣かし、適切な診断と、必要に応じて⼆次医療施設への紹介を⾏っています。

いびき、無呼吸でお困りの⽅は是⾮⼀度当クリニックにお掛かり下さい。

To patients

睡眠医療に⻑く従事していて、患者様が適切な医療を施されていなかったり、


また疾患を⾒過ごされたり、はたまた誤った医療を受けている状況を多く⾒て参りました。

睡眠医療に⻑く従事していて、


患者様が適切な医療を施されていなかったり、


また疾患を⾒過ごされたり、


はたまた誤った医療を受けている


状況を多く⾒て参りました。

睡眠時無呼吸症候群をはじめとする様々な睡眠障害は、その原疾患により対処法が⼤きく異なり、
また⼀部RBDやムズムズ脚症候群など、まれな疾患に対する治療の⾏える病院はごく限られています。
当クリニックでは、これまでの睡眠医療の経験とネットワークを⽣かし、
“適切な医療を、適切な患者様へ”をモットーに、
必要な患者様には⼆次医療施設への積極的な紹介を⾏っています。

まずは適切な初期診断を⾏うため、どうぞ当クリニックをご利⽤ください。

Treatment policy

当クリニックでは、患者様に合わせた5つの治療⽅法を提案しています。

  • CPAP
  • マウスピース
  • 手術
  • まくら
  • 減量

CPAP

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群に対してCPAP治療(持続陽圧換気治療)が必要な患者様のために、CPAP専⾨外来を⾏っております。
院⻑が本邦有数の睡眠呼吸障害専⾨施設での診療経験に基づき、適切なCPAP圧の決定、使⽤状況、治療効果等の管理を⾏います。
CPAPは健康保険が適応されている治療法です。毎⽉約4,300円(3割負担の場合)の費⽤負担で治療が可能です。

治療安定後、当クリニックの場合は2ヶ月に1回のCPAP通院のみでの診療が可能となります。

睡眠時無呼吸症候群の
治療法について

Childrenʼs snoring

⼦供のいびき、無呼吸は、場合により夜間の睡眠障害の原因となります。またその程度が強い場合、深い睡眠が得られないことによる成⻑ホルモンの分泌障害が起こり、その結果、⼼と体の成⻑発育障害の原因となります。
⼦供のいびき・無呼吸が⼼配な⽅は、是⾮⼀度当クリニックにお掛かり下さい。

About sleep

お問い合わせ
TEL
予約専用
TEL
インターネット予約
診療状況確認