院長・スタッフブログ 奏の杜耳鼻咽喉科クリニック

CPAPを中止するための減量の目標値は?

皆さんこんにちは! 院長の山本です。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法の一つに減量がありますが、実際どの程度減量がすすめばCPAP療法を中止できるのか、というご質問を 患者様より時々頂きます。

 

必要な減量の程度に関して、以下のようなデータがあります。

 

体重が10%減少 → AHIは30%減少

体重が20%減少 → AHIは50%減少

体重が30%減少 → AHIは70%減少

 

このように体重と無呼吸指数(AHI)は強い相関関係にあります。

 

CPAPを使用していても、減量がうまく進めば、AHIが低下し、CPAPを中止できる可能性があります。

 

一方で、元々肥満の程度が軽く、無呼吸指数が高い患者様は、減量してもCPAPの中止は難しくなります。

 

患者様の理想とする体重の目安は、20歳の頃の体重といわれています。その体重が、ひとつ減量目標とすべき体重となります。(20歳時の体重を減量によって下回り、またその体重を維持するのはなかなか難しいといわれています)

 

また肥満指数を表すBMI(Body Mass Index、体格指数、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))が21~22であることも、一つの目標体重となります。

 

体重とAHIの相関関係は個人差もありますので、上記の減量の目標値が厳しい様なら、 減量を開始し、体重が落ち止まった時点で一旦簡易モニターにて現状の無呼吸指数を再評価しても良いと思います。

 

ただしその場合、CPAPを連日使用していると、CPAPを中止してすぐの間は気道が広がった状態が続き、無呼吸指数の適正な評価ができませんので、検査前1週間はCPAPを一時中止し、体を自然の状態に戻し、その後に検査を行う必要があります。

 

また頭蓋骨の前後径が短いと、SASにおける気道の最狭窄部である咽頭(のどの奥)の前後径もまた短くなる傾向にあります。

 

日本人の場合、元々頭蓋骨の前後径が短いという人種的な骨格の特徴から、その結果として咽頭の前後径も短くなり、肥満の有病率の割に、 SASの有病率が高いといわれています。

 

一方で白人(ヨーロッパ人)は日本人と比較して前後径の長い頭蓋骨の骨格を持ち、肥満の有病率に対してSASの有病率は低いといわれています。

 

アメリカと日本を比較した場合、アメリカ人は日本人の3倍肥満の人がいますが、SASの有病率はあまり変わりません。

 

よって日本人の場合、肥満がなくても重症SAS患者が多くいるのです。

 

 

減量だけでSASの根治が難しい場合でも、減量にマウスピースを併用することでCPAPを中止できるケースもあります。

 

減量するためには、適度な運動と食生活の改善、この2点に尽きます。

 

個人での定期的な運動習慣はなかなか難しいと思いますので、トレーニングジムなどの減量プログラムを利用するのも有効です。

 

肥満はSASの原因だけでなく、生活習慣病(高血圧、高脂血症、脂質異常症)などの様々な 病気の原因になります。

 

減量はSASの軽減と、肥満による合併症の軽減につながり、健康維持にとってとても大切です。

 

CPAPを使用することにより、SASのもたらす合併症を予防することはできますが、肥満は無いに越したことはありません。

 

CPAPを使用し、かつ肥満を認める方に関しては、自分の目標体重を知り、食生活、運動習慣の見直しを行いながら、減量に取り組みましょう。

 

山本 耕司(院長、日本睡眠学会専門医)

クリニックのご予約方法はこちらline友達追加はこちら

快適な睡眠14カ条

こんにちは。院長の山本です。

 

新型コロナウイルスの流行がなかなか収まる気配を見せない中、
不安やストレスで不眠症を起こしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、不眠症(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒)に対する
日常生活でできる対処法についてまとめてみました。

 

睡眠不足は生活や仕事、また健康に対しても大きな影響を与えます。
できるだけ良質な睡眠を確保し、健康な日常生活を送りましょう。

 

第1条:起床時間は一定にしましょう
 平日と休日の起床時間は2時間以上ズレないように。

 

第2条:30分眠れなければ布団から出ましょう
 眠くなってから再度布団に入りましょう。
 眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きを。

 

第3条:昼寝は15時までに、20~30分以内で
 昼寝をし過ぎると夜の入眠の妨げになります。

 

第4条:睡眠時間を意識しすぎない
 日中眠くならない時間眠ればOK。

 

第5条:朝起きたらカーテンを開け、日の光を浴びよう
 朝、日の光を浴びると、体内時計の睡眠リズムが整います。

 

第6条:夕方に軽い運動習慣を
 運動による適度な疲労感は、入眠の助けになります。

 

第7条:疲労回復、能率アップのために毎日十分な睡眠を
 睡眠不足の継続は、生活習慣病、痴呆の原因になります。

 

第8条:就寝1時間前に入浴習慣を
 入浴後の体温低下は入眠の助けになります。
 ぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。

 

第9条:睡眠環境を整えよう
 寝具、枕、寝間着は使い心地の良いものを。快適な室温で、騒音環境には耳栓を。

 

第10条:カフェインは就寝4時間前までに
 コーヒー、紅茶、烏龍茶、緑茶に注意。

 

第11条:夕食は就寝2時間前までに
 満腹状態は睡眠の妨げになります。

 

第12条:寝酒は厳禁
 飲酒は入眠はしやすくなるが中途覚醒の原因に。
 アルコール依存症の原因にも!

 

第13条:隠れうつ状態に注意
 睡眠障害はうつ病の初期症状であることも。軽症なら一時的な睡眠薬で改善することも。

 

第14条:それでも眠れない時は、一時的な睡眠薬の検討を
 色々やってダメなら考えましょう。2、3か月間はしっかり内服し、その後徐々に減量して中止を検討しましょう。
 (薬はピルカッターで切ってもOK)

 

山本 耕司(院長、日本睡眠学会専門医)

クリニックのご予約方法はこちらline友達追加はこちら

パンフレット☺

 

こんにちは。

スタッフの養碩です。

 

最近、お電話を受けると患者様より応援のお声を多くいただきます

 

「大変な中いつもありがとうございます。」

「こんな状況で毎日不安よね。頑張ってね。」などなど…

 

1つ1つのお言葉がとても嬉しく、皆さまのお役に立てているのであればとても光栄なことです。

また、HPを見て来院前に症状を伝えてくださる患者様のご協力もあり、しっかりとしたご案内が徹底できております。

本当にありがとうございます。

 

 

(写真:オンライン診療専用のスペース)

 

 

そして…連日、オンライン診療の投稿ばかりですが、これから始めようと考えている他院の方や、まだオンライン診療についてよくわからないという患者様のお役に立てればと思い、今日までの状況をお伝えしたいと思います⭐

 

 

初診のオンライン診療が正式に認められた、4月13日(月)より開始して本日まででおよそ80人の患者様がオンライン診療をご利用されました。

(稼働日数で10日間/1日最高で12人ほど)

 

 

●オンライン診療時間● 

4月27日(月)~少し予約枠が増えました!

 

午前:  9時30分~12時00分 

午後:15時00分~17時30分 

               ※平日のみ

 

 

院長は通常の対面診療に入っておりますので、2診の先生にオンライン診療をお願いしています。

ご来院される患者様が増えたら、2診の先生には対面診療にも入っていただいています。

そしてオンライン診療の予約状況により、2診医師の予約枠の調整を行っております。

 

この1か月ほどはご案内も兼ねて、ご予約をお電話のみと限定しておりました。

やはり対面診療とは違い、診察には限界があり、診れる疾患や出せる薬や日数も限られてしまいます。

ですが、このご時世、オンライン診療は有効活用できるとてもいいシステムなのは間違いないです。

5月上旬よりインターネットからもご予約が取れるようになります。

(こちらはまたLINEなどでお知らせしますね🥰)

※5月12日(火)よりインターネット予約ができるようになりました!

 

 

 

皆さまにオンライン診療のことを知っていただくため

当院オリジナルのパンフレットを作成し入り口に設置いたしました。

 

✽こちらからもDLできます✽

 

 

まだまだ不慣れなこともあり、至らない点も多く…。

患者様からのご意見を皆で共有し改善を重ねています。

ご不明な点や分かりにくい点などございましたら今後の為にぜひお知らせください⭐

 

当院は、明日より5月6日(水)まで、GW休暇のため休診でございます。

5月7日(木)より通常診療を開始いたします。

 

クリニックのご予約方法はこちらline友達追加はこちら

⭐オンライン診療のご案内⭐

現在オンライン診療の案内ページを作成中です。

完成までの間はこちらのページをご覧くださいませ。

(コロナウイルス終息後、オンライン診療の内容が変更される場合があります。) 

 

●オンライン診療とは?

 

オンライン診療とは、スマートフォンのアプリケーションを利用して、病院(クリニック)の問診・診察・処方・決済までをインターネット上で行う診察・治療方法です。病院へ行く必要がなく診察待ちの時間が解消され、利便性が大幅に向上します。

 

 

●以下の病気や治療に対応しています

  •  
  •  ・花粉症
  •  ・アレルギー性鼻炎 
  • 舌下免疫療法治療中
  •  ・めまい再診
  •  ・軽微な風邪症状
  •  ・その他慢性疾患(お電話にてご相談ください)

 

・最長1か月までの処方となります。

・お薬が多量に残っている方は処方が難しい場合もあります。

・風邪薬に関しては、原則1週間処方です。

 但し、医師の判断で最長2週間の処方も可能です。

※睡眠薬、精神安定剤は処方できません。

 

●以下に該当する患者様はご来院が必要です

 

  • ・CPAPで通院中

オンライン診療を行った場合でも、3か月に一度は必ず対面診療が必要となりますので、CPAPで通院中の患者様は対面診療の継続をお願いいたします。現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策措置として、特にCPAPのご利用に問題がない患者様は、3か月に一度の対面診療をさせて頂いております。

 

  • いびき/睡眠時無呼吸症候群

検査が必要となりますので、ご来院の上、受診してください。

 

  • めまい初診

検査が必要となりますので、ご来院の上、受診してください。

  •  
  • 耳症状がある

オンライン診療では、耳の中や、鼻や、のどを見ることは困難です。耳の中や鼻やのどの状態を見てもらいたい、という方は通常の対面の受診となりますので、ご来院の上、受診してください。

  •  
  • 検査や処置が必要

聴力検査やレントゲンなどの検査、その他に触診や専用の器具を使い診察してみないと正確な診断が難しいと判断した場合などはご来院頂く必要がございます。

  •  
  • ・院長診察を希望

オンライン診療は、院長以外の医師が診察を行います。

 

●診察までのSTEP

 

 

 

★アプリ登録後、下記画面になりましたら、当院までご予約のお電話をください。

※アプリのご登録だけでは、ご予約完了ではありませんのでご注意下さい。

 

 

●オンライン診療を受けることができる方

 

当院では、以下に該当する方に限り、オンライン診療を承っております。

 

 ・対象の病気や治療に当てはまる方

 ・注意事項に同意のできる方

 ・クレジットカードをお持ちの方

(対応ブランド:VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Diners)

 

●診療時間/利用料金

 

  • オンライン診療時間
  • 平日)午前: 9時30分~12時00分

   午後:15時00分~17時30分

 

  • 利用料金

・アプリの利用料  1人:330円 (ご家族様で受診の場合も1人330円かかります。)

・領収書/処方箋の送料(普通郵便)1住所: 84円

システム利用料0円 (コロナウイルス流行期のみ)

※以上の料金を診察代以外に別途ご負担いただきます。

  3割負担の成人の方の場合

  ・対面診療の場合の診療料(外来管理加算料は含まれません)+330円+84円

  受給券をお持ちの方の場合

  ・300円(受給券料、習志野市の場合)+330円+84円

 

●注意していただきたいこと

 

対面診療ではないため、診療行為には限界があります

 

・通信状況が不安定な場合や相互でうまく情報が伝達出来ない場合など、医療安全を確保する点で、遠隔診療を中止する場合がございますので、予めご了承ください。

 

・個人情報を守る点で第三者がいる場所、公共の場や騒音がする場所での利用は避けてください。

 

・診療内容の録音、録画行為は法律で禁止されております

 

・領収書と処方箋は、普通郵便で2~3日後にご自宅に届きます。処方箋を薬局へFAXご希望の方は、薬局店名とFAX番号を事前にお知らせください。

 

・予約した30分の間は、いつでも応答できる状態でお待ち下さい。こちらからの発信に対する応答がなければその日の診療はキャンセルとなります。

 

・領収書や処方箋は登録してある住所に送付します。住所変更された場合は、診察前までにアプリ上で変更をお願いいたします。

 

・15歳未満の方は保護者の方同伴でないとご利用できません。

 

・ご本人不在の診察は出来かねます。

 

●サポート環境

 

オンライン診療用アプリ『curon(クロン)』では、セキュリティ上、スマートフォン以外の携帯電話(フィーチャー・フォン)や、PCを使用しての診察はできません。
スマートフォンにアプリをインストールいただいてご利用頂けます。スマートフォンをお持ちでない方でも、ご家族の方のスマートフォンで登録いただき受診することは可能です。

 

●アプリDL

 

クロンのアプリは無料でダウンロード可能です。

 

・アプリのDLページはこちら

・登録までの操作手順はこちら

 

当院の医療機関コード【57f1】

 

●Q&A

 

Q.オンライン診療は、スマートフォンで受診できるの?

A.スマートフォンで受診可能です。iPhone、アンドロイド版いずれもアプリが公開されています。

 

Q.オンライン診療は耳や鼻やのどを見てもらえますか?

A.オンライン診療では、耳の中や、鼻や、のどを見ることは困難です。耳の中や鼻やのどの状態を見てもらいたい、という方は通常の対面の受診となりますので、来院の上、受診してください。

 

Q.オンライン診療を受けたあとも、今までのように来院しての受診はできますか?

A.一度、オンライン診療を始められても、今までのように来院しての受診も可能です。患者様のカルテには対面診療とオンライン診療のどちらも記録を残しております。対面診療をご希望の場合は、今まで通りご予約をインターネットよりお取りいただきご来院くださいませ。

 

Q.当日予約できますか?

A.原則、前日までの予約が必要です当日予約をご希望の場合には、一度当院までお電話にてご相談ください。

 

Q.薬を送ってもらえませんか?

A.当院では現在対応しておりません。お薬の配送の具体的な条件などについては薬局にお問い合わせください

   (薬局によっては、FAXによる処方箋の確認後、着払いでお薬の郵送を行っているところもございます。)

 

Q.子どもを受診させたいのですが。

A.未成年の方であれば保護者の方がお子さんと一緒にスマホで受診していただくことは可能です保護者の方のみでの受診はできませ

ん。

 

Q.クレジットカード以外の決済方法はありますか?

A.申し訳ございませんが、クレジットカードがご利用頂けない場合は現時点では受診ができません。ただし、ご家族がお持ちのクレジットカードでもお支払いは可能です。

 

 

 

 

 

 

 

クリニックのご予約方法はこちらline友達追加はこちら

オンライン診療

こんにちは、スタッフの山﨑です。

先日、ついに緊急事態宣言が発令され、外出の自粛、「3つの密」を避けるなど、より一層の感染防止対策が必要だと改めて実感しました。

 

当院では、クリニックに足を運ばずスマホで受診が終わる「オンライン診療」を4/13(月)より開始致します(^O^)/

この状況で医療機関を受診していいのかと心配されている患者様、是非ご検討頂ければと思います。

対象となる患者様は限られてくるのですが、院内感染を防ぐという意味でも、とても有効な方法だと考えております。詳細は随時HP等、更新していく予定です。

 

 

1週間程かけ、オンライン診療開始に向けて話し合いました。まだまだ、至らない点があるとは思いますが、患者様が安心して診察を受けて頂けるように努めております。

ご不明点ございましたら、当院へお電話ください。

 

余談ですが、、、

先日、会う事の出来ない友達とオンライン飲み会をしてみました。

スマホの画面上ですが、顔を見て話すことができて、なかなか楽しかったです(笑)今だからできる事を見つけて、生活の質を上げていくことも大切ですね(^^)/

クリニックのご予約方法はこちらline友達追加はこちら

最新の記事

過去の記事

> 過去の記事一覧