院長ブログ 奏の杜耳鼻咽喉科クリニック

外待合にスポーツ専門誌「Number」を置きました。

患者様より「外来にスポーツ新聞をおいて欲しい」
とのリクエストを頂きました。

 

スタッフと協議させて頂いた結果、
スポーツ新聞は少し難しいとの判断となったのですが、
その代わりにスポーツ専門誌「Number」を
外待合に置かせて頂くことになりました!

 

当院での記念すべきNumber一冊目は、
イチロー選手の引退記念特集号となりました。

 

イチロー選手(引退されたので正しくはイチロー氏でしょうか?)に

僕がコメントを申し上げるのは
おこがましく僭越でありますが、
数々の感動と勇気を与えてくれた希代のスーパースター、
そして日本史上最強バッター(王貞治さんとの意見も
あると思いますが)
といえるのではないでしょうか。

 

そしてまたまたイチロー選手に驚かされたのが、
「3度目の国民栄誉賞受賞辞退」。

 

以前に、「現役を引退したら頂きたい・・・」と
おっしゃっていましたので僕としましては
かなり想定外の出来事でした。

 

これの意味するところは、
「イチロー選手は現役生活を終えても、
まだ何らかの形で人生の高みを目指している」
ということと自分なりに解釈致しました。

 

僕も、イチロー選手とは次元が違いすぎますが、
いつまでも人生に目標を持てるような人でありたいと
考えさせられた出来事でした。

 

イチロー選手、長い間大変お疲れ様でした!
そしてこれからもあなたのファンでいさせて下さい!!(^^)

 

クリニックのご予約方法はこちら

CPAP勉強会 ~睡眠時無呼吸症候群(SAS)について~

先日もCPAP業者様に当院へご来院頂き、スタッフみんなでCPAP関連の知識向上に努めました。また当院ではスタッフに「CPAP講習会」へ積極的に参加してもらい、「CPAP療法士」の資格取得に努めております。

 

現在当院には非常に多くのCPAP患者様にご来院頂いており、特に患者様が集中しやすい土曜日に関しては、新たにCPAP専門外来を設け、CPAP患者様の診療を待ち時間をより少なく、スムーズに行うとともに、一般疾患の患者様の診療の更なる充実に努めております。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関しては、重症でCPAP治療が必要であるにも係わらず、未治療の状態でいるCPAP潜在患者様がまだまだ非常に多くいらっしゃると言われています。(CPAPが必要となる重症SAS患者様が国内に約200万人いらっしゃるといわれいるのに対し、国内CPAP出荷台数は約50万台に留まっています。)

 

1時間で呼吸が30回以上停止する重症SASの方の場合、脳梗塞と心筋梗塞の発症率は正常の方の3倍、癌も4倍ほど高くなるといわれています。その結果として平均余命に大きく影響を与えることとなります。

 

またこの病気の怖いところは、「自覚症状が乏しく、病気に気付きにくい」という点です。一般的に、SASは「日中の眠気が強い」と思われがちですが、重症SASの方でも日中の強い眠気を感じられている方は40%ほどに過ぎません。また日本人特有の骨格の問題(顔面骨格の前後径が短く、構造的に仰向け時に気道が閉塞しやすい)から、肥満がなくても重症SASの方も多くいらっしゃいます。(アメリカ人と日本人のSAS患者様の割合(有病率)は同じですが、そのうち肥満症を合併している割合は、日本人はアメリカ人の3分の1といわれています。)

 

では、自宅でSASを最も簡単に疑う方法は何でしょうか?それは、「睡眠中のいびき、呼吸停止の他人からの指摘」です。この「他人からの指摘」という点が重要で、自分自身のいびきや呼吸停止は、自分ではほぼ認識できません。いびきを指摘されている方で、SASでない方(この場合「単純性いびき症」という病名になります)は、いびきをかいている方の15%に過ぎず、また呼吸停止を指摘されている方はほどんどがSASであると考えられます。ご自身が「SASではないか?」と心配されている方は、まずご家族様や一緒に生活されている方に、睡眠中の様子をよく観察してもうらうのが良いでしょう。いびきや無呼吸は一晩中起こらず、一時的に起こる場合もありますので注意が必要です。最近はいびきを感知してくれる便利ないびきアプリなどもありますのでそれらを活用するのも良いでしょう。(ただしスマホアプリの場合、いびき(低呼吸)は感知されても呼吸停止(無呼吸)は見逃されることがありますので注意が必要です。)

 

SASがご心配な方は一度当院へ受診して頂き、診察の上、自宅で無呼吸の状態を測定できる「簡易アプノモニター」を施行して頂くことをお勧め致します。それによりSASの診断が可能となり、重症度や原因別の治療法をご提案しております。

 

 当院SAS専門サイトはこちら↓

https://kanade-jibika.jp/sas.html

 

CPAP勉強会の様子

 

SAS簡易アプノモニター「Smart Watch PMP-300E」

クリニックのご予約方法はこちら

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
本年も地域の皆様のご要望、ご期待に添えるよう、
スタッフ一同引き続き精進して参る所存です。

 

院長ブログは大分お久しぶりになってしまい
申し訳ありませんm(_ _)m

 

スタッフブログは毎回素敵な内容で、
頑張って情報発信してくれるスタッフには
日々感謝×2です!

 

スタッフに支えて頂きながら、
スタッフや外勤医師の先生方、そしてご来院下さる
患者様方への感謝の気持ちを忘れず、
僕自身も今年も引き続き頑張ってやっていきたいと思っております。
そしてクリニックの更なる発展を遂げることができればと
思っております。

 

本年もクリニックをどうぞ宜しくお願い致します!

 

クリニックのご予約方法はこちら

隣接駐車場OPEN!

クリニック横の駐車スペースが
マンション建設に伴いしばらく使用できませんでしたが、
このほど1階部分が駐車場として復活致しました!

(マンションはクリニックとは関係がございません。)

 

あけぼの薬局さんとの共同駐車場として11台分のスペースがあります。

 

ただ駐車場の車幅がやや狭く、
アルファード、ヴェルファイアクラスの大型車の場合、
駐車場一番手前か、一番奥(バックで進入する必要あり)のスペースしか
停めることが出来ないと思われます。
もしくはクリニック入り口横の2台分のスペースをご利用下さい。

 

やや狭い駐車場で申し訳ありませんが、
クリニックへはラクラクアクセスです!(^^)

 

皆様のご来院をお待ち致しております!

 

隣接駐車場

クリニックのご予約方法はこちら

第43回日本睡眠学会

本日は札幌で行われた第43回日本睡眠学会総会に
参加して参りました。

 

CPAPに関する最新知見について学び、
また睡眠時無呼吸症候群以外の
睡眠関連疾患についても知識を新たにすることができました。

 

日帰り出張でしたが札幌は涼しく、
とても過ごしやすい気候で
リフレッシュすることができました。

 

明日からの診療も頑張ります!

 

43睡眠学会

クリニックのご予約方法はこちら